脱毛ラボって痛い?気になる痛みとマシンについて

脱毛ラボって痛い?気になる痛みとマシンについて

イメージ

脱毛ラボでは、エステティックサロンで認められている光脱毛という方法で、脱毛施術を行っています。

 

脱毛や美肌に効果が絶大な、レーザー機器を使うには医師免許が必要となりますので、エステでできるのは、光脱毛だけです。

 

ただし、この光脱毛は医療系のクリニックで使われる本格的レーザーに比べて出力が弱いとはいっても、肌にやさしく、しかも美肌や美白効果があると言われており、肌悩みを抱えながら脱毛したいという人の支持を集めています。

 

それほど痛くない光脱毛

ムダ毛の特徴や色、また生え変わりの状態など、光脱毛でもレーザー脱毛でも効果には個人差がありますので、ある人は、光脱毛で十分永久脱毛できても、またある人は何度続けてもあまり効果はなかった、という場合もあり得ます。

 

そんなときには、光脱毛からもっと効果が期待できる本格的レーザー施術を受けたほうがいいかもしれません。ただし、光脱毛のほうが肌への刺激がマイルドで、痛みもすくない傾向があります。
一つの部分に照射するのも、数秒ととても短いですので、我慢できないくらいの痛みということはありません。

 

また、光脱毛では産毛が処理できない、色素の薄い毛は脱毛できないなどの感想が聞かれますが、全体的にきれいになる、肌がきれいになるのは確かなようです。光脱毛も効果もダテではありません。

 

ただ、意外に照射の前に塗る冷たいジェルがとても辛かったという人も多いです。とくに施術が冬の場合や、夏の冷房が効きすぎているサロンでは、その冷たさによって体が震えてしまった、という人もいます。

 

特に全身脱毛では一糸まとわぬ姿で、脱毛施術をするので、羞恥心も感じますが、あとはおまかせする気分で、てきぱき施術者の指示に従って、早く脱毛処理を済ませてしまいましょう。

 

時には我慢も必要

痛みが強いときには、その旨伝えると、機械の出力を弱めてくれたり、短時間で済ませてくれる場合もあります。ただ、「すこし我慢してくださいね」、といわれて施術を続行されることも多いです。

 

キレイになるためには、すこし我慢も必要かもしれません。